😱”自分の首を絞める商品ラインナップ”になってませんか?

片桐です。


私事ではありますが、
最近は公私共にバタバタしており久しぶりのメルマガになりました。



公私共にの公では
久しぶりにリアルタイム講座を開催しておりました。



本来であれば、
リアルの会場で顔を合わせてやる予定でしたが、
情勢も考慮してzoomで行いました。



内容は、
1日でInstagramボットを実装する1day合宿
というものです。


(1日を合宿と言うかはさておき…)




Instagramボット(インスタボット)って何かというと、
Instagramアカウントの集客用の入り口を無限に作りながら、
自動でリスト登録・セールスをしてくれるシステムのことです。






例えが適切はわかりませんが、
あなたのインスタアカウントを自動販売機にする
って感じですね。






なおかつ、

最近の自販機はカメラであなたのことを認識し、あなたに応じた商品を提案してくれるものがありますよね?

他にも、
診断に応じて商品提案をしてくれる自販機も出てきました。



こちら
👇
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000112.000038286.html
より参照。



インスタボットは
その人に応じた提案をして、セールスまでしてくれる営業マン
みたいな存在です。



そんなのを実装する勉強会をやってて、
というか準備してて、メルマガ送れてませんでした。





ただ、そこでも新たな気づきがありました。




それは、
自動で売る商品が無い人がいる売らない方が良い商品を売っている人がいるという点です。





もう少しわかりやすくいうと、
今後のビジネスの方向性と照らし合わせた時に、
それと合致しない商品ラインナップになっている

という感じです。



よくあるパターンで言うと、
売れば売るほど、時間がなくなって苦しくなるパターンです。



例えば、
個別コンサル


自分の時間の切り売りですよね。


ただ、個別コンサルは基本的に高単価になるので、
一時的に売り上げは上がります。


ただ、売ったら商品提供に時間をかけないといけないので、そちらに時間を集中して、
マーケティングやセールスをする時間がなくなり…

そうなると、
お金がなくなってくるので、SNS投稿などマーケティング活動を頑張ると、
商品提供がままならなくなる…など。

負のスパイラルに陥る恐れがあります。






僕もまさにそんな感じでした。



思いつきやその時の勢いで新しいことをやり始めて
自分の首を絞める、的な…

同じような人いると思います。




ですので、
ここが整っていないと(商品ラインナップが適切に揃っていないと)
ボットで自動で売る
というところに行かないんですよね。
(取り急ぎで実装できなくは無いけど…)






ということで!



ここに関するプロフェッショナルをお呼びして
「ボットを効率的に活用した、持続販売可能な商品ラインナップの作り方」
に関して、勉強会をしようと思います。



僕は適切な商品ラインナップを揃える専門家では無いので、
そのプロをお呼びします。




やるやる詐欺にならないように、
もう講師の方にお声がけしておきますね。



ちなみにこんな内容で考えています。
(予定)




今のコンテンツ商品を言葉や形状だけで、さらに300%売れる形にする「リメイクコンテンツ」単発で終わって薄利多忙にならないためのWA収益構造構築の仕方同じ商品でも同業他社に埋もれないオリジナル商品、サービスの作り方世界市場までの道を作ることができるメディアミックス戦略マップの作り方





開催する場合は、
このメルマガでご案内しますね。





では、またメールします。