đŸ˜…åŠåˆ†į—…んでぞしたâ€ĻåąãĒã„åąãĒい

į‰‡æĄã§ã™ã€‚






åŧ•ãŖčļŠã—ぞす。





すãŋぞせん。
嘘です。







ãĄã‚‡ãŖと思いįĢ‹ãŖたことがあり、
大掃除をしぞした。








いや、隠すことじゃãĒいãĒ。



子おもが大きくãĒãŖãĻきたぎで、
寝ãĻã„ã‚‹éƒ¨åą‹ãŒį‹­ããĒãŖãĻきたんですよね。




で、
寝厤より大きかãŖたäģ•äē‹ã‚’しãĻãŸéƒ¨åą‹ã¨
中čēĢをごãŖそりå…Ĩれæ›ŋえぞした。




čĻ‹ãˆãĒいãģこりがわãŖさわãŖさå‡ēãĻきぞすねâ€Ļ






もうすぐ嚴æœĢだし、
æœŦåŊ“ãĢåŧ•ãŖčļŠã™ã‹ã‚‚しれãĒいぎで、
į‰ŠãŽæ•´į†ã‚‚できãĻã€ãĄã‚‡ã†ãŠč‰¯ã„æŠŸäŧšã§ã—た。








こぎ大čĻæ¨ĄãĒæ¨Ąæ§˜æ›ŋえもあり、
最čŋ‘ã€ãƒĄãƒĢマã‚Ŧをお送りできãĻぞせんでした。




ぞた、
åŒæ™‚é€˛čĄŒã§ãƒŠã‚¤ãƒ–čŦ›įžŠãŒįļšã„ãĻいたぎで、
それぎæē–備やら運å–ļやら垌åˇĨį¨‹ã§
最čŋ‘、おåŋ™ã—でした。





で、
ですね。


昨æ—Ĩぎ夕斚くらいから
めãŖãĄã‚ƒäŊ“čĒŋæ‚ĒくãĒãŖãĻ
ãƒ€ãƒĄãĢãĒãŖãĻぞした。




æ€ĨãĢå†ˇãˆãžã—ãŸã—ã­ã€‚







äģŠã¯åžŠæ´ģしぞした。





äŊ“čĒŋがæ‚Ēいと、
ãƒĄãƒŗã‚ŋãƒĢčŊãĄãžã›ã‚“ã‹īŧŸ




åƒ•ã¯ã‚ãĄã‚ƒããĄã‚ƒčŊãĄãĻぞした。
やばかãŖたやばかãŖた。





先æ—ĨãŽãƒĄãƒŧãƒĢでも書きぞしたが、
čĩˇæĨ­åŽļãƒģįĩŒå–ļč€…ã¯ãƒ‘ãƒ•ã‚Šãƒŧマãƒŗ゚が大äē‹ã§ã™ã­ã€‚



ぞじでダイãƒŦクトãĢ
åŖ˛ä¸ŠãĢåŊąéŸŋしそうです。









ãĄãĒãŋãĢ先æ—ĨãŽãƒĄãƒŧãƒĢã¯ã“ãĄã‚‰ã§ã™ã€‚
→åŖ˛ä¸ŠãĢį›´įĩã™ã‚‹ã€‡ã€‡ã‚ĸップ、しãĻぞすかâ€ĻīŧŸ



全į„ļé–ĸäŋ‚ãĒいですが、
ä¸ŠãŽãƒĄãƒŧãƒĢぎ中で募集しãĻいるäŧį”ģがありぞす。









ã€Œčˆˆå‘ŗがあãŖたらクãƒĒックしãĻください」
とäŧãˆãĻいるんですが、
0でした。



åƒ•ãŽãƒĄãƒŧãƒĢ
1000äēēäģĨ上がį™ģéŒ˛ã—ãĻくださãŖãĻãĻ
数100äēēはãŋãĻくれãĻいるぎãĢ
0でした。


æœŦåŊ“ãĢ興å‘ŗがãĒいぎがわかりぞすね。įŦ‘

éĸį™Ŋいですâ€ĻįŦ‘














ということで、
いろんãĒ意å‘ŗで元気ãĢãĒãŖたぎで、
夜ãĢãƒĄãƒŧãƒĢをお送りしぞした。
īŧˆå¤§æŽƒé™¤ã§ã‚šãƒƒã‚­ãƒĒしたしねīŧ‰




週æœĢもエネãƒĢã‚ŽãƒŧéĢ˜ãã„きぞしょうīŧ

>